神待ち少女が避ける神様の特徴10

家出少女が神待ちサイトを通じて、泊めてくれる男性やご飯をおごってくれる男性を探すことを神待ちと言います。
一昔前の援助交際は、デート費用+ホテル代、女性への報酬と、結構な金額がかかりましたが、神待ちはお金をかけずに少女と出会うことができます。
ですが、神待ち少女も誰でもいいというわけではないそうです。
神待ち少女が警戒する男性BEST10をご紹介します。

第10位 メールの段階で体の関係を匂わせる男性
メールの時点で「エッチしよう」「援助交際しよう」という男性は危険と判断するようです。

第9位 プロフィールが何となく怪しい
メールの自己紹介やプロフィールで、どんな男性か判断するようです。

第8位 すぐにホテルに行こうとする男性
すぐにホテルに連れ込もうとする男性は、食事の段階で逃げてしまうこともあります。

第7位 ヤクザっぽい服装の男性
待ち合わせの際、遠くから男性を確認して、服装などがヤバそうなら会わずに逃げてしまうようです。

第6位 車で待ち合わせに来る男性
車に連れ込まれて危険な目に合う可能性があるので、車があると警戒します。

第5位 妙に落ち着いている男性
落ち着いた態度の男性は、神待ちに慣れているということなので、怪しいと思うようです。

第4位 慣れた感じのする男性
神待ちに慣れた感じの男性は、暴力団などヤバい関係の可能性が高いので、会わずに帰るようです。

第3位 挙動不審な男性
妙に周りの様子を気にしている男性は怪しいと思うようです。

第2位 お金を持っていそうな男性
お金を持っている男性は、神待ちしなくても若い女性と出会えるだろうから怪しい、と思うようです。

第1位 複数で待ち合わせ場所に来る男性
待ち合わせ場所に複数の男性がいると怖い、と逃げる少女が多いようです。
神待ち少女も、奢ってもらって泊めてもらう代わりに体の関係を求められることは承知しています。
危険な目に合うことも多いので、身の危険には人一倍敏感なようです。
待ち合わせをする時は、遠くから男性の姿を確認するなど、自己防衛には気をつけていますが、やはり限界があるようです。
雰囲気や服装だけで判断するのは難しいですからね。
逆に、神待ちの方が、男をハメることもあるので、神待ちサイトを利用する男性も注意が必要です。